ヘアカラートリートメントはHC染料・塩基性染料・ヘナなどの植物染料や、トリートメントが配合されており、繰り返し使用することで、髪の表面に付着、内部に浸透することで発色します。
アルカリ度数の高いものが多く、使い続けると抜け毛や薄毛のリスクが高まり、頭皮が弱い人はアレルギーになることも多いヘアカラーと違って、美肌と同じ弱酸性~中性のへカラートリートメントを使用すると、毛髪のキューティクルを開くことがないので、髪や美肌へのダメージが少ないです。さらに、髪に良い成分が含まれているので、通常のトリートメントの代わりに使用でき、使うたびに美肌効果が現れ、艶々な髪の毛になります。

使用方法は、シャンプー後に軽く水気を切り、ヘアカラートリートメントを塗りこんで20分程放置した後、色のついた水が出なくなるまで洗い流します。また、色味を強く出したい場合は、シャンプー前の乾いた髪にヘアカラートリートメントをなじませて放置してから、シャンプーします。複数回使用しなければしっかり染まりませんが、週2回程度の使用で綺麗な色を維持することができます。

また、ヘアカラートリートメントは1回使っただけでは染まらず、徐々に染まってくるので、周りにばれることなく自然に仕上がっていきます。