血糖値が高い状態が続くと糖尿病を発症する懸念が高まります。

糖尿病は生活習慣病のひとつで、発症すると様々な合併症にもつながる可能性があることから、血糖値を安定させ発症させないことが何よりも重要です。血糖値を安定させるお手軽な方法は、何も難しいことを行う必要はありません。まずは食事です。血糖値の糖分は、食事から摂取するものです。ですからできるだけ糖質の少ない食事を選ぶことで、血糖値を安定させることが期待できます。

それと共に、その上昇を穏やかにする食品であることを示すGI値が低い物を選ぶのも良い方法です。また食事の始まりは、野菜や海藻類、汁物と言った糖質が少ない食品から食べるようにするのも、お手軽に安定させることができる方法のひとつです。それからもうひとつは運動です。血中の糖分は、本来であればエネルギーとして使用されるはずのものです。それがうまく使用されない、またインスリンによって調整されないために必要以上に溢れる状態が発生してしまっているわけですから、運動でそれを消費することで、お手軽に血糖値を安定させることが期待できます。

特に効果的なのは、酸素を必要とする運動、有酸素運動です。これを食後、ある程度の時間をおいてから20分~30分程度、行う習慣を週に4~5日持つだけでも、血糖値の安定には非常に良い影響が期待できるとされています。

こちらもご覧ください。http://kettouti.biz/血糖値を下げる運動/entry28.html