紫外線や間違ったケア、カラーやパーマなど髪が痛んでパサパサになってしまうことはよくあります。

そんなダメージを受けた髪を改善するためにはヘアケアが重要となってきます。美髪のためには、正しいヘアケアを毎日続けていくことが改善へとつながります。
ヘアケアのやり方としては、日頃行うシャンプーなどが重要です。

シャンプーを行うときにはまずブラッシングで髪を整え、頭皮からしっかり濡らして予洗いします。シャンプーは手のひらで泡立てて指の腹で優しくマッサージするように頭皮を洗います。すすぎ残しがないようにしっかりすすいで洗髪は完了です。

ダメージで痛んだ髪にはトリートメントが有効です。洗い流さないタイプならそのままで良いですが、洗い流すタイプはシャンプー後軽くタオルドライをしたら、トリートメントを手のひらに広げて髪の内側から叩くようにして毛先につけていきます。頭皮につかないようにしてつけながら、蒸しタオルなどをかぶって5〜10分時間をおいて優しくすすいできます。
ドライヤーはタオルドライ後、根元から毛先に乾かしていきます。この時一箇所に当たりすぎないように動かしながら20センチ以上離して使います。最後に冷風を当ててキューティクルを引き締めます。

ドライヤーの前に、オイルなどを使うのも効果的です。